使いかた

介護伝送ソフトには、2つの種類があります。国保連が出しているソフトと、メーカーが出しているソフトです。
どちらも購入して使うことができますが、国保連が出している介護伝送ソフトを使う場合は、ISDN回線を繋げる必要があります。
介護保険に関する業務は大量です。プランの提案や算定の作成、個人情報や過去のデータの管理などの作業が日常的な作業として行なわれています。
この作業を効率良くできるソフトウェアが、介護伝送ソフトです。
介護伝送ソフトは、介護給付費を請求する場合のみの使用となりますが、失敗なく作業を進められるとして利用されています。
介護伝送ソフトは主に、介護事業者に向けて作られていることが多いです。

居宅介護支援事業者の場合、提供表やケアプランなどの作成を職員自ら行なう必要があります。
しかし、これを介護ソフトで行なうと作業時間に時間を取ることなく、スムーズに作業を進めることができます。
介護伝送ソフトは、介護給付費用請求のみの使用となりますが、一つのソフトに全ての機能が備えられている場合、作業の全てを介護ソフトに任せられるのです。
介護サービス事業者の場合、国保連だけでなく、利用者にも料金を請求しています。
介護伝送ソフトは伝送機能のみが備えられているため、利用する度に請求費用を人の手で算出する必要があります。
そのため、伝送のみのソフトを使う人もいますが、全ての機能を備えたソフトを使う人もいます。
どちらも介護ソフトとして利用されているのです。