ソフトの動作環境

介護伝送ソフトの動作環境

介護伝送ソフトには種類があることを知っていますか。都道府県版や市町村版などがあります。介護伝送ソフトを起動させるには対応しているOSのパソコンが必要です。介護伝送ソフトに必要なのはパソコンとISDN回線、ターミナルアダプタ、容量が比較的大きいメモリ、容量が比較的大きいハードディスクなどです。これらの条件を満たしていないとちゃんと起動しない場合や、応答しない場合があります。対応しているOSについてですが、これはApple社の製品であるパソコンではなく、microsoftのWindowsで動きます。Windowsは今現在進化し続けていて、今のバージョンにも対応しています。介護伝送ソフトは他のプログラムを終了してから扱うようにしましょう。

様々な不具合について

介護伝送ソフトについて不具合が様々あります。まず、伝送通信ソフトの起動ができないということです。この不具合が起きると、先に進みません。ユーザーIDのエラーが起きている場合があります。これはOSのドライバが壊れている可能性があることで生じます。こういう場合はOSの再導入が必要になります。OSソフトを買ってインストールしましょう。エラーはIDの問題だけでなく、ファイルが添付できなかったり、メールが受け取れなかったりという時に起こったりもします。大抵回付情報の形式が間違っている場合が多いです。また、ダイヤルアップサーバが適合できなかったりすると発生します。アダプタのドライバやファームウェアが古いと起こるのがダイヤルアップサーバの不適合です。こういった不具合の対処法を考えておきましょう。