女性に話しかける看護師

PICK UP

ソフトの動作環境

介護伝送ソフトには、いくつかの種類があります。それぞれ、動作させるための環境や機能が細かく違うので、その中から自分たちが導入したい、スムーズに活用できると思われる物を選ぶ必要があります。

詳細を読む

使いかた

介護伝送ソフトは、国保連に介護給付費伝送請求を行なう際に利用するソフトです。機能は他の介護ソフトに比べて少なく、伝送のみの使用となります。使う企業によっても使い方が異なります。

詳細を読む

作業効率を上げる

企業の多くは、会社のデータや顧客データなどの管理、書類の作成などを行なっています。
事務的な作業となりますが、こういった作業は毎日同じことを繰り返しているため、作業に無駄が出てきている可能性があります。
同じことを繰り返す仕事は、無駄に気づきにくい仕事とも言われています。そのため見直しが行なわれにくく、作業が原因で会社の利益に変動があっても目が行きにくいのです。
そこで、改善法としてあるのが、マニュアルの改善です。
会社の方針によってマニュアルが存在します。
マニュアルは新人教育や作業を進めるために必要不可欠なものとして活用していますが、中には見ても分かりにくいマニュアルもあります。
記号や略語などが使われていると頭に入りにくいため、上手く活用できないのです。
マニュアルの文章は長すぎず、大切な言葉は太くしたり色をつけたりといった工夫を行なうと、作業効率にも影響していくでしょう。
こうした作業効率化は、マニュアル以外にもシステムの導入で改善を目指す方法も行なわれています。

作業効率化で導入しているシステムとしてあるのが、介護伝送ソフトです。
介護伝送ソフトとは、介護給付費伝送を請求する際に使用するソフトウェアのことを言います。
介護保険に取り入れられているシステムとなっており、伝送のみの機能となっています。
介護ソフトには、ASPやパッケージの介護ソフトも存在していますが、介護伝送ソフトはその中の一つとして利用されているのです。

Contents

体験できる

介護伝送ソフトを実際に使う前に、無料体験で使うこともできます。介護伝送ソフトはメーカーによって様々にありますが、手続きもインターネットで簡単に行なえ期間も長期間のため、活用して利用を決めましょう。

詳細を読む